通関士がもらっている年収とは

通関士は、やりがいがある仕事です。そして、社会の仕組みが今後大きく変わってしまっても、ニーズが亡くなることはちょっと考えられません。ある意味で、安定感に満ちた仕事だと呼べるのです。

それでは通関士になったら、収入はどのようになるでしょうか? 通関士の資格を取得して就職したら、1~2年目の年収はおそらく300万円前後になると思われます。

この数字だけ見ていると少ない年収に思えてしまいますが、たとえば婚活のデータを探ってみましょう。いわゆるアラサーかそれ以上になっても、年収が300万円台や400万円台の人が今の社会に驚くほど多いことがわかります。それにどんな業種でも、入ったばかりの年収はそのようなものではないでしょうか? 新卒採用なら、200万円前後だって普通です。

なお通関士全体の年収については、なかなかデータが見つからないのが実状です。400万円というデータがあると思いきや、600万円というデータも報告されています。これは、企業によって給与体系が違うことや、それぞれの通関士の年齢、そして就業年数が大いに関係するからです。

いずれにしても、通関士は大金をつかめる仕事というわけではありません。しかし、一般的な会社員として、申し分のない年収を受けられることは事実でしょう。実際に、立派に家族を養っている通関士は、どの年代でもたくさんいます。