通関士の難易度に合った勉強法を探す/通信編

通関士になりたい人たちのためにいろいろな学校があります。
でも、学校に行きたくても行けない人たちもいるのが、悲しい現実なんですよね。実は僕もそうでした。。。
学校のある場所も決まっていますから、近くに学校がない人にとっては、通学という選択肢で通関士を 目指すことは最初からあり得ない話になっちゃいますね。。。

しかし、通関士の勉強をたったひとりでやりぬくというのも酷なもんですよ。僕も無理だと思いましたし。
でもまだ方法があります。通関士になりたい希望者向けの、学校に代わるサービスです。
通関士専用の通信講座ですね。

通関士の通信講座は、独学と学校の中間に位置する存在で、何重もの意味でバランスがいいと思います。
通学ほど時間や費用の制約がかかりませんし、独学ほど勉強が難しくなりません(教えてもらえるんですから。
まあ通信講座も、原則として自分の部屋の中でやるんですから、集中力や持続力のない人にはあまり意味がないです。
ただし、「期日が決められていれば、それまでに必ず課題を終わらせて出せるタイプの人」だったら、 だらしない性格でもやっていけるでしょうかね。僕の今の同僚もそのクチでした(笑)。

通関士受験における通学と通信の違いって、意外と少ないですかね・・・学校が通信もやっていることもあるし。
とにかく通信は、通学とほぼ遜色ないレベルの通関士の講義を家で受けられることになります。
しかも、費用は通学より通信のほうが安めです。

いちおうつけ加えると、わからないことが出てきたときに通信ではその場で質問ができません。
でも質問は何かの方法で受け付けてくれるのがほとんどです(回答が戻ってくるまでに時間がかかりますけど・・・)。
通関士の試験勉強は半年から1年弱がベースとなるんですけど、通信でもそれは変わらなくて、 半年くらいのコースが組まれていることがほとんどですね。

通関士用の通信講座の費用ですけど、 教科書や参考書のような書籍だけの場合は5万円から10万円の間であることが多くて、 カセットやCDが教材にされている場合は10万円前後、 DVDで映像を視聴する教材の場合は15万円前後が相場だといわれていますね。
しかし、よく探すと休めなのにしっかりした内容になっているものもあるんですよ!
パンフレットや資料を取り寄せて吟味してから申し込んだほうがいいでしょう。

☆僕個人の感想ですけど、通関士用の通信の教材でいちばんいい種類はDVD型です (映像だと、それを見ているだけで頭に入っていくことが多いんですよ・・・
ただ本を読むだけの勉強法とは雲泥の差がありましたね)。