通関士の合格率から何をつかみ取るといいのか?

通関士の難易度をわかりやすく見てもらったほうがいいと思ったので、 ここで通関士の過去10年分の合格率を表にしておきます。

 

受験者数

合格者数

合格率

2002年

9973人

2848人

28.6%

2003年

10001人

1211人

12.1%

2004年

10191人

1920人

18.8%

2005年

9953人

2466人

24.8%

2006年

10357人

725人

7.0%

2007年

10695人

820人

7.7%

2008年

10390人

1847人

17.8%

2009年

10367人

807人

7.8%

2010年

9490人

929人

9.8%

2011年

9131人

901人

9.9%

2012年

8972人

769人

8.6%

2013年

8734人

1021人

11.7%

2014年

7692人

1013人

13.2%

2015年

7578人

764人

10.1%

どうですか? 難易度が高いといっても、通関士の合格率は、年によてちょっと変わっているように見えるでしょう?

実は2001年までは、連続して合格率が20%を切っていたんです。
2002年は例外的に合格率が急上昇した年だったんですよ。
その後もちょっと波があるのが通関士試験の合格率の真実の姿です。

通関士の試験は、あまり受験者が変わっていないですけど、 どうして合格率にぶれが生まれるのか疑問に思う人もいるかもしれませんね。
通関士の合格率の土台となる基準の点数はいちおう決まってるんだそうです・・・
ただ、毎年絶対に同じだというわけではないですけどね。
通関士の合格率の基準は、科目(試験は必ず3科目あります)すべてで 60%以上の合格率に達することが求められてくる・・・とみといてほぼ間違いないでしょう。
どうして60%なのかといえば、毎年だいたいそれくらいの合格基準が発表されていたからです。
これからもたぶん、この合格基準が大きく変更されることはないだろうと、僕は思っています。

これから受ける人たちは、60%を超える正答率を出すことを目標にするべきだってことですね。
でも、3科目すべてで60%を出さないと意味がないですから、苦手科目ができちゃうと合格は遠ざかります。
通関士の合格率が変動し続けているのも、合格基準に達する人の数が毎年微妙に変わっているからですから、 発表されている合格率や難易度に、通関士の志願者は過剰にとらわれる必要はないですね。
余裕をもって、各科目でまんべんなく65~70%の正解を出すことを目標にしたら確実かなと僕は思います。

通関士の試験は受験資格がないこともあって、20世紀の終わりに急に受験者が増えたそうです。
でもこの10年くらいは落ち着いています。(また希望者が増える前に)さっさと受かったほうがよいかもですね!